グランフロント大阪の駐輪場は3カ所 無料利用もできるよ!

未分類

2013年、JR貨物梅田貨物駅跡地の再開発エリア、通称「うめきた」に開業した一大商業施設「グランフロント大阪」。
どことなく大人っぽい雰囲気の空間は開業以来、商業的な成功を収め休日だけでなく平日も勤め帰りの人たちでにぎわっています。

一方で、最近ではかっこいいロードバイクやクロスバイクで街中を移動する方も多いですね。
グランフロント大阪では無料で利用できる屋内駐輪場が3カ所あるのをご存知ですか?

それぞれの場所と利用方法をまとめてみました。
それではいってみよう!

うめきた広場地下1階駐輪場
梅田最大規模480台収容の2フロア駐輪場

まずは南館とバスターミナルに挟まれる形に位置する『うめきた広場地下1階駐輪場』です。

地下1階と銘打っておきながら中に入るとさらに(半)地下2階にもスペースが広がる2層構造になっています。
駐輪規模も3箇所のうち最も多い480台となっています。

スロープを伝って地下に降りると・・・

こんな風になっています。
自転車、バイク共90分は無料です(^^)v
そして手前に見える階段をさらに降りると・・・

2フロア構造になった半地下2階の駐輪場の奥に謎のとびら。

開けると南館地下1階に直結しています。奥にファミマがあるところ。
ここは3カ所の駐輪場のうち、唯一グランフロントと直結しています。

帰りはスロープにベルトコンベアみたいなのがあるので女性でも楽に登れます。

エレベーター移動で楽ちん 180台収容の南館地下1階駐輪場

ヨドバシ梅田方面に最も近いこの駐輪場。なんと地下への移動はエレベーターです。
これなら子ども載せ用の大型電動自転車でもラクラクです。

入り口はちょっと分かりづらいです。
表示も控えめでこんな所に駐輪場があるなんてって感じですね。

エレベーターは2基ありますから待つこともほぼありません。

中は1フロアのみですが原付スペースもあります。
こちらは嬉しい2時間無料です。

大阪駅からは最も遠くなるも阪急村で遊ぶときはここ!
北館地下1階駐輪場は170台収容

そして3つ目は無印良品や好日山荘がある北館です。
ここは大阪駅から最も離れるため、人通りは多少少なく感じます。
しかし阪急村方面や茶屋町へのアクセスには便利ですね。

入り口はこんな感じ。併設の駐車場の入り口に隣接しているので入庫車に注意しましょう。

スロープを使って出入りします。うめきた広場のと同じ方式ですね。

中は他の駐輪場と同じ仕様ですね。
単車置き場もちゃんとあります。
こちらも2時間無料となっています。

グランフロント駐輪場利用で覚えておきたいTips

駐輪番号を覚えておこう

駐輪する場所によっては精算機からかなり離れた場所になることがあります。
精算には駐輪した場所の番号入力が必要ですので、覚えてないと駐輪場所と精算機の間を行ったり来たり・・・

最初に駐輪したときに番号をスマホにメモっておきましょう。

大きな自転車は無理せずバイク用スペースへ

最近はこどもさん載せ用や電動自転車等少し大きくて重い自転車も増えてきましたよね。
これらの自転車は通常の前輪ロック式の駐輪場ではセットするのが大変だったり、付属物によっては隣と干渉して停めにくかったりします。

そういうときは遠慮せず、バイク用のスペースへ駐輪しても良いと思います。
バイクスペースはチェーン式なので重い自転車に苦労することもありません。

無料駐輪可能時間も同じなんですが、注意点として無料時間を過ぎると料金は自転車スペースより割高になります。
うめきた広場の1箇所だけはチェーン式の自転車スペースがあるのでそれを狙うのもありです(8台分しかありませんが)。

グランフロント駐輪場まとめ

最後にそれぞれの情報をまとまておきます。

場所 自転車台数 原付台数 無料時間 無料時間以降の料金(自転車) 無料時間以降の料金(原付) 利用可能時間
うめきた広場地下1階 約480台 約50台 90分 12時間毎150円 12時間毎250円 24時間
南館地下1階 約30台 約180台 120分 4時間毎100円 4時間毎150円 6:00-24:30
北館地下1階 約30台 約170台 120分 4時間毎100円 4時間毎150円 24時間

それでは、良い自転車ライフを!!

 

コメント